新聞斜め読み

アクセスカウンタ

zoom RSS 郷土料理百選?!?

<<   作成日時 : 2008/01/03 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

郷土料理百選が選定されたそうです。
「選定委員会」というのがあるそうです。
食育研究家、経済エッセイスト、画家、語り部、フードジャーナリスト・・・。総勢何名かは分かりませんが、選定会議には7名の方々が出席された由。


これは農林水産省が、“全国各地の農山漁村で脈々と受け継がれ、かつ「食べてみたい! 食べさせたい! ふるさとの味」として、国民的に支持されうる郷土料理を「郷土料理百選」として選定し、それにまつわる歴史文化、レシピ、伝承活動なども併せて国民に発信しながら、食文化を通じた地域振興を図る”ことを目的として行われているもの、のようです。

その結果が「農山漁村の郷土料理百選」として発表されました。

わずかな人数の選定委員で、郷土料理の百選ができるものであろうかと疑問に感じましたが、「郷土料理」でインターネット検索してみましたら、なんとトップにあるではありませんか。

人気投票」の結果でした。人気投票の「ランキング100」と「百選」とは微妙な(?)違いがありましたが、ほぼ投票者の思いに近いものと感じました。

ただちょっと気になる、というより、気に入らぬのが、農水省のプレスリリース資料で、
「郷土料理には、一人ひとりそれぞれの思い入れがあると思います。選定委員会は、皆様のそれぞれの思いで、ご自分の一押しの農山漁村の郷土料理を最後の1品に加えてもらい、百選を完成させていただきたい、との考えで、選定数を99点としました。」
とありました。

この選定会の考え方は、「百選(99選)」の選定そのものが、各選定委員の思い入れの結果でもあると言えるのではないでしょうか。

まー、そんなことを言っていては選定はできませんから、
どうでしょう、2月中に配付されるという「一般配布用の郷土料理百選の概要パンフレット」の続編として、人気投票に参加した人たちの「私の一押し」を発行されたらいかが?

しかし、「百選」の目的の一つが「地域振興」ですね。
ヤフーでの「郷土料理」検索では約6,780,000件ありました。各県のお薦め料理がめじろ押しです。
料理店(民間)のものは勿論、自治体のホームページもあります。

そんななか、農水省のこの企画の意味は何でしょうか。
公平に、広く、満遍なく、しかし選定数は限定!所詮無理があったということにならなければと思います。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
郷土料理百選?!? 新聞斜め読み/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる